国内イタリアンパフォーマンス

viva!カルネヴァーレ

~ベネチアのカーニバルの雰囲気でパフォーマンス~



 カーニバルはイタリア語でCarnevale(カルネヴァーレ)と言い『肉』を意味するcarneと『取り除く』という意味のlevareが結びついた言葉です。
元々は四旬節(復活祭の46日前)が始まる前夜に開かれた、「肉に別れを告げる宴」の事をさしました。つまりこの日以降は肉食を控えたところから日本語では「謝肉祭」と訳されています。もともとは宗教行事でしたが、今では世界中で親しまれる祝祭イベントの一つになっています。

『ビバ!カルネヴァーレ』は毎年冬、ヴェネツィアで開催されるカーニバルを模したものですが、様々なスタイルでパフォーマンスすることができます。
最小グループ2名でのダンサーによる優美なパレードをはじめそこにアコーディオンや笛などの楽器演奏を加えた、より華やかなヴァージョン、さらにはジャグラーが混じって子供たちの前でイベントを盛り上げることも可能です。
またパフォーマーを外国人にすることも可能です。
編成によってグリーティング、パレード、ステージショーなど幅広いジャンルでの対応ができます。

フォルクイタリアーノ

~南イタリアの民族音楽と踊り~



イタリア生まれのジョヴァンニが中心となり結成された民族音楽グループ。
南イタリアで古くから民衆の音楽として親しまれてきた「タランテッラ」を中心に、シチリアやナポリの伝統舞曲、またナポリ民謡を中心に演奏します。
グループ編成は2名から4名くらいで、使用する楽器も、アコーディオン、ギター、マンドリン、ヴァイオリン、フルートなどその時々で変わります。

南イタリアらしい思わず手拍子したくなるようなリズム、陽気で生命力にあふれた演奏はお祭り気分の華やかさを演出します。

カンツォーネ歌手

~日本人になじみが深いイタリアの人気ソング~



イタリア語でカンツォーネは「歌」を意味しますが、日本では『オーソレミオ』や『フニクリフニクラ』『サンタルチア』などのナポリ民謡が一般的に知られています。
誰もが知っているイタリアの人気ソングを、イタリア人歌手、または日本人カンツォーネ歌手が歌いステージを盛り上げます

マスケラータ

~イタリアのかわいらしい衣装を身に着けたミュージシャンが演奏~



「マスケラータ」とはイタリア語で「仮面舞踏会」という意味です。
中世イタリアでは、貴族が身分を隠すため、逆に庶民が一時の夢を見るために、仮面をつけて別の誰かに変身することがありました。またイタリアの即興古典喜劇「コンメーディア・デッラルテ」にも仮面は欠かせません。
「マスケラータは」そんな仮面をつけて陽気なイタリア民族音楽の演奏を繰り広げる2人組です。
2人が身に着けている衣装は「アルレッキーノ」と「プルチネッラ」をモチーフにしています。
アコーディオン演奏とピッフェロという笛、ギターの演奏に合わせ歌を歌います。

プルチネッラのピッツァアクロバット

~プルチネッラに扮したジャグラー~



ナポリの道化「プルチネッラ」の衣装を身に着けたジャグラーが、ジャグリングをしたり、ラバーピッツァを使ってパフォーマンスします。
バルーンを使ったり、簡単なマジックで子供も楽しめるショーです。


その他のパフォーマンス

~楽器演奏、その他~



イタリアの代表的な楽器といえば、アコーディオン、マンドリンなどがあります。イタリア人のミュージシャンによるアコーディオン、マンドリン、ヴァイオリンの演奏者を派遣することができます。また日本人によるマドンナーロのパフォーマンス、ピッツァアクロバット、サッカーボールを使ったパフォーマンスなどもあります。詳しくはお問い合わせください。